http://exwarp.com
お問い合わせ先
info@exwarp.com
ホーム
製品情報ページへ
ショッピングカートへ
ライブラリ価格表ページへ
メンバー登録ページへ
特定商取引法に基づく表記
テクニカルブログへ

RFC822ライブラリ
MIMEライブラリ
メールメッセージライブラリ
MIMEメディアタイプ変換ライブラリ
POP3メール受信ライブラリ
SMTPメール送信ライブラリ

ログイン

現在の状態:

ログインしていません。

メールアドレスを入力してください
パスワードを入力してください.
メンバー登録はこちらから

更新履歴

2013/4/7

最近ExwarpMailKitをご購入いただいたお客様のご感想を掲載しました。 詳細は、導入事例をご覧下さい。

2009/3/2

Exwarp MailKit 1.0.438.* をリリースしました。
今回のリリースより、SmtpExtensionおよびEmojiModuleを同梱した新パッケージとなり、価格は¥25,000-と改定いたしました。
携帯デコメールや、大量メール送信の時間短縮などの魅力的な機能が標準で使えるパッケージとなっております。微細な仕様変更・バグ修正も行っており、より安定したメール送信を実現いたしました。
すでに製品版をお買い上げいただいたお客様は無料で新パッケージに移行していただけます。
購入時のURLとID/PASSでmailkit.zipをダウンロードしてください。

2008/10/4

ExwarpMailKit1.0.421.*公開のお知らせ
ExwarpMailKitがバージョンアップしました。
新しい機能として、バイナリデータ(2バイト限定)の挿入に対応しました。
同時にリリースされた絵文字拡張モジュールを使用するためにはこのバージョンへのバージョンアップが必要です。


POP3プロトコル学習用ソフト-POP3Console

POP3プロトコルを手軽に学習できるPOP3Consoleは、 Exwarp MailKitを応用した、POP3クライアントです。

送信したPOP3コマンドに対するホストからの応答が簡単に確認できます。

POP3Consoleを使用するには、Exwarp MailKit 1.0.300.2が必要です。こちらから最新版をダウンロードし, 展開された全てのdllファイル 及び ja-JPフォルダをPop3Console.exeと同じフォルダにコピーしてください。

メールビューアのテキストボックスが最後までスクロールできない方は、こちらから最新版をダウンロードしてください。

POP3Consoleのソースコードを公開しています。(開発言語:C#)
新たに、MIMEエンコーディングコンバータも追加したバージョンです。Exwarp MailKitを応用したアプリケーション開発の参考にしてください。
必ずExwarp MailKit各ライブラリへの参照を追加してください。


ホストへの接続

接続したいPOP3ホストを「POP3ホスト」テキストボックスに入力し、[接続]をクリックします。
ホストからの挨拶メッセージが下のテキストボックスに表示されます。

ホストへの接続

ホストへのコマンド送信

送信したいPOP3コマンドを「POP3リクエスト」テキストボックスに入力し、[送信]をクリックします。
ホストからの応答が下のテキストボックスに表示されます。

下のイメージはRETR 50というPOP3コマンドに対する応答が表示されているところです。 (Received:の後の部分は消去してあります。実際にはヘッダーの内容が表示されます。)

ホストへのコマンド送信

メールの確認

RETR及びTOPコマンドを実行した場合は、Pop3Consoleの下部に "このメールの本文を読む"という表示が現れます。クリックすると、メールビューアが表示され、 メールの本文を確認することができます。テキスト形式の本文のほかHTML形式の本文も表示できます。

メールに添付ファイルが含まれる場合、メールビューアの下部のコンボボックスにファイルのリストが追加されます。 ファイルを選択して、"添付ファイルを保存する"をクリックすると添付ファイルを保存することもできます。

メールの確認

使用可能コマンド

  • USER <user>
    (指定されたユーザーでホストにログインします。)
  • PASS <pass>
    (指定されたパスワードでホストにログインします。)
  • NOOP
    (何もしません。接続維持などのために使用されます。)
  • STAT
    (メール状況を取得します。)
  • LIST
    (メール情報のリストを取得します。)
  • LIST <msgnum>
    (指定されたメールのメール情報を取得します。)
  • UIDL
    (メールの識別番号のリストを取得します。)
  • UIDL <msgnum>
    (指定されたメールの識別番号を取得します。)
  • RETR <msgnum>
    (指定されたメールをダウンロードします。)
  • DELE <msgnum>
    (指定されたメールに削除マークを付けます。)
  • RSET
    (すべての削除フラグをリセットします。)
  • TOP <msgnum> <lines>
    (指定されたメールを指定された行数ダウンロードします。)
  • QUIT
    (すべての削除処理を確定し、ホストからログアウトします。)
無料ダウンロード
最新バージョン:1.0.508.*
MailKit紹介ページ
APIダウンロード
セットアップガイド
導入事例・利用者の声
メールメッセージ構成オブジェクト概説
メールメッセージ階層構造の概説
Q&A
バグ報告

本サイトで公開されるライブラリには著作権があります。
VB.NET/C#/ASP.NETでメール送信・受信ならExwarp MailKit
©exWarp 2006-2013   All Rights Reserved.