http://exwarp.com
お問い合わせ先
info@exwarp.com
ホーム
製品情報ページへ
ショッピングカートへ
ライブラリ価格表ページへ
メンバー登録ページへ
特定商取引法に基づく表記
テクニカルブログへ

RFC822ライブラリ
MIMEライブラリ
メールメッセージライブラリ
MIMEメディアタイプ変換ライブラリ
POP3メール受信ライブラリ
SMTPメール送信ライブラリ

ログイン

現在の状態:

ログインしていません。

メールアドレスを入力してください
パスワードを入力してください.
メンバー登録はこちらから

更新履歴

2013/4/7

最近ExwarpMailKitをご購入いただいたお客様のご感想を掲載しました。 詳細は、導入事例をご覧下さい。

2009/3/2

Exwarp MailKit 1.0.438.* をリリースしました。
今回のリリースより、SmtpExtensionおよびEmojiModuleを同梱した新パッケージとなり、価格は¥25,000-と改定いたしました。
携帯デコメールや、大量メール送信の時間短縮などの魅力的な機能が標準で使えるパッケージとなっております。微細な仕様変更・バグ修正も行っており、より安定したメール送信を実現いたしました。
すでに製品版をお買い上げいただいたお客様は無料で新パッケージに移行していただけます。
購入時のURLとID/PASSでmailkit.zipをダウンロードしてください。

2008/10/4

ExwarpMailKit1.0.421.*公開のお知らせ
ExwarpMailKitがバージョンアップしました。
新しい機能として、バイナリデータ(2バイト限定)の挿入に対応しました。
同時にリリースされた絵文字拡張モジュールを使用するためにはこのバージョンへのバージョンアップが必要です。


Exwarp MailKit

Exwarp MailKit はメール操作に必要なライブラリを1つにまとめたパッケージです。
このライブラリセットで、メール操作に必要なすべての機能が手に入ります。


価格

バージョン
価格
ライセンス、備考
購入
Complete Version ¥26250- 1開発ライセンス
ランタイムライセンスフリー(詳細)
カートに入れる

主な特徴

  • メールを非同期受信できます。
  • メールを非同期送信できます。
  • 一度の接続で、複数のメールを連続送信できます。
  • APOP認証に対応しています。
  • ESMTP、SMTP-AUTHに対応しています。(PLAIN、LOGIN、CRAM-MD5に対応します。)
  • PopBeforeSmtp認証に対応しています。
  • テキスト形式の本文と、その他の形式の本文を自由にメールに含めることができます。
  • ネストしたMIMEメッセージの解析や生成が自由に行えます。(multipart/alternative、message/rfc822、multipart/digestに対応します。)
  • BASE64、Quoted-Pritable形式のエンコード、デコードをサポートしています。
  • MIMEエンコード、RFC2231形式でエンコードされたヘッダーフィールドパラメータの解析も行えます。
  • iso-2022-jp 形式以外の文字セットを使用できます。
  • コメントや引用句を含む複雑なメールアドレスの妥当性をチェックできます。
  • eml形式のメールのインポートや、eml形式でのメール保存に対応しています。
  • 添付ファイルの追加、取得、保存、削除が間単に行えます。
  • TOPコマンドを使用してヘッダーのみのメールを受信できます。メールチェッカーに最適です。
  • 製品版はGAC(グローバルアセンブリキャッシュに追加できます。)〔注1〕

〔注1〕 オプションです。別途お申し込みが必要です(無料)。
アセンブリの厳密名が設定されるため、既存のアプリケーションとバージョンの競合が発生する場合があります。
(例えば、POP3Console.exeはプライベートアセンブリを参照するため、バージョンの競合が発生します。)
製品版をご購入いただいたお客様は、無料でご利用いただけます。


Tryout版の機能制限

Tryoutバージョンには以下の機能制限があります。

  • TryoutバージョンはGAC(グローバルアセンブリキャッシュ)に追加できません。
  • すべての受信/送信メールにX-PoweredBy: Exwarp.Net.Mail Tryout Versionヘッダーフィールドが追加されます。
  • Cram-MD5認証を実行するとNotSupportedExceptionが発生します。
  • SmtpClientで一度の接続で連続送信できるメールメッセージは3件に制限されます。
  • ReceiveAllMessagesカスタムオペレーションで一度にダウンロードできるメッセージは3件までに制限されます。
  • text/plainメディアタイプメッセージのBodyプロパティ設定時にThis is Exwarp.Net.Mail Tryout Version.と書かれた行が末尾に追加されます。
  • すべてのエラーメッセージの末尾に、Tryoutバージョンであることを示す文字列が追加されます。
無料ダウンロード
最新バージョン:1.0.508.*
MailKit紹介ページ
APIダウンロード
セットアップガイド
導入事例・利用者の声
メールメッセージ構成オブジェクト概説
メールメッセージ階層構造の概説
Q&A
バグ報告

本サイトで公開されるライブラリには著作権があります。
VB.NET/C#/ASP.NETでメール送信・受信ならExwarp MailKit
©exWarp 2006-2013   All Rights Reserved.