http://exwarp.com
お問い合わせ先
info@exwarp.com
ホーム
製品情報ページへ
ショッピングカートへ
ライブラリ価格表ページへ
メンバー登録ページへ
特定商取引法に基づく表記
テクニカルブログへ

RFC822ライブラリ
MIMEライブラリ
メールメッセージライブラリ
MIMEメディアタイプ変換ライブラリ
POP3メール受信ライブラリ
SMTPメール送信ライブラリ

ログイン

現在の状態:

ログインしていません。

メールアドレスを入力してください
パスワードを入力してください.
メンバー登録はこちらから

更新履歴

2013/4/7

最近ExwarpMailKitをご購入いただいたお客様のご感想を掲載しました。 詳細は、導入事例をご覧下さい。

2009/3/2

Exwarp MailKit 1.0.438.* をリリースしました。
今回のリリースより、SmtpExtensionおよびEmojiModuleを同梱した新パッケージとなり、価格は¥25,000-と改定いたしました。
携帯デコメールや、大量メール送信の時間短縮などの魅力的な機能が標準で使えるパッケージとなっております。微細な仕様変更・バグ修正も行っており、より安定したメール送信を実現いたしました。
すでに製品版をお買い上げいただいたお客様は無料で新パッケージに移行していただけます。
購入時のURLとID/PASSでmailkit.zipをダウンロードしてください。

2008/10/4

ExwarpMailKit1.0.421.*公開のお知らせ
ExwarpMailKitがバージョンアップしました。
新しい機能として、バイナリデータ(2バイト限定)の挿入に対応しました。
同時にリリースされた絵文字拡張モジュールを使用するためにはこのバージョンへのバージョンアップが必要です。


exWarp Blog
サンプルコードの実行には、Exwarp MailKitが必要です。こちらから無料でダウンロードできます。
記事の一覧| 全表示
フィード RSS


Add to google

メール

メールとヘッダーフィールド



今回はメールのヘッダー部に含まれるヘッダーフィールドについて解説します。
ヘッダーフィールドは、コロン(:)でヘッダーフィールド名と、ヘッダーフィールドボディに分かれます。
ヘッダーフィールド名で有名なのは、メールの件名(Subject)や、メールの送信者(From)、メールのあて先(To)などです。
他にもメールのID(Message-ID)や、メールの送信日時(Date)、メールの返信先(Reply-To)などのヘッダーフィールドをご存知の方も多いでしょう。

さて、メールメッセージの推奨規則として、メールメッセージは1行が78文字を超えないほうが良いとされています。これは他のRFCとの互換性を維持するためです。
メールのヘッダーフィールドも例外ではなく、長いヘッダーフィールドは折り返して複数の行に分割します。
一見簡単そうですが、実は実装時にはこのルールを遵守するのに大変苦労するのです。特にメール関連規格の「MIMEエンコード」が絡みだすと大変です。

長いヘッダーフィールドはどのように複数行に分割するのでしょうか?
これもメール規格のRFC822RFC2822に定義されていますが、行の先頭にHT(水平タブ)かSP(ホワイトスペース)が現れる場合、その行は前の行の続きと解釈されます。
ご使用中のブラウザでメールのソースを表示してみると、複数行に分割されているヘッダーフィールドは、2行目以降が右にずれているのが確認できるはずです。

メール解析プログラムを実装する場合、メールヘッダーのこの部分の実装はとても大変です。CR/LFを検索して、その次のHTSPは情報としては無視する必要があります。
面倒なのは、HTやSPが連続したり、SPやHTが混在して行頭に登場したりする場合です。
アルゴリズムが適切でないとメールのヘッダーフィールドボディが途中で切れてしまったり、正しくメールのヘッダーフィールド名が取得できなかったり、ヘッダー情報としてHTやSPが含まれてしまうことがあります。


RFC


RFC(Request for Comments)は、メールプログラムを実装する開発者は必ず読まなければならない仕様書です。
メール以外にもさまざまなメッセージのやり取り(プロトコル)の仕様が記述されています。
メールプログラムを作成するに当たって、まずRFC822RFC2822を読まれると良いでしょう。これはどちらもメールメッセージの構造の基本を定義したもので、RFC2822RFC822を改定したものという位置づけになっています。現在やり取りされているメールすべてがこのRFCに準じているわけではなく、独自ルールで生成されるメールメッセージも数多くありますので、残念ながらRFCの厳密な実装は非現実的でもありますが、とにかく標準を理解しておくことはとても重要なことでしょう。
2007/02/22 12:57:12更新
カテゴリ:メールのしくみ

"メールのしくみ"のほかの記事

メールこのブログでは、イン...
メール構造化メールヘッダー...
メールContent-Typeヘッダー...
メールContent-Typeヘッダー...
本サイトで公開されるライブラリには著作権があります。
VB.NET/C#/ASP.NETでメール送信・受信ならExwarp MailKit
©exWarp 2006-2013   All Rights Reserved.