http://exwarp.com
お問い合わせ先
info@exwarp.com
ホーム
製品情報ページへ
ショッピングカートへ
ライブラリ価格表ページへ
メンバー登録ページへ
特定商取引法に基づく表記
テクニカルブログへ

RFC822ライブラリ
MIMEライブラリ
メールメッセージライブラリ
MIMEメディアタイプ変換ライブラリ
POP3メール受信ライブラリ
SMTPメール送信ライブラリ

ログイン

現在の状態:

ログインしていません。

メールアドレスを入力してください
パスワードを入力してください.
メンバー登録はこちらから

更新履歴

2013/4/7

最近ExwarpMailKitをご購入いただいたお客様のご感想を掲載しました。 詳細は、導入事例をご覧下さい。

2009/3/2

Exwarp MailKit 1.0.438.* をリリースしました。
今回のリリースより、SmtpExtensionおよびEmojiModuleを同梱した新パッケージとなり、価格は¥25,000-と改定いたしました。
携帯デコメールや、大量メール送信の時間短縮などの魅力的な機能が標準で使えるパッケージとなっております。微細な仕様変更・バグ修正も行っており、より安定したメール送信を実現いたしました。
すでに製品版をお買い上げいただいたお客様は無料で新パッケージに移行していただけます。
購入時のURLとID/PASSでmailkit.zipをダウンロードしてください。

2008/10/4

ExwarpMailKit1.0.421.*公開のお知らせ
ExwarpMailKitがバージョンアップしました。
新しい機能として、バイナリデータ(2バイト限定)の挿入に対応しました。
同時にリリースされた絵文字拡張モジュールを使用するためにはこのバージョンへのバージョンアップが必要です。


exWarp Blog
サンプルコードの実行には、Exwarp MailKitが必要です。こちらから無料でダウンロードできます。
記事の一覧| 全表示
フィード RSS


Add to google

メール

このブログでは、インターネットメール(Eメール)の仕組みを簡単に解説します。
今回は、メールメッセージの構成要素についての説明です。

メールの構成要素は、大きく分けてヘッダーボディです。
ヘッダーは、メールのメタデータで、メーラーで文字となって表示されることは比較的少ない部分ですが、特に日本語のメールの場合この部分が大変重要な意味を持ち、実装にも特別手間がかかります。

メールヘッダーの各項目は、ヘッダーフィールドと呼ばれます。ヘッダーフィールドは、コロン(:)で区切って、ヘッダーフィールド名とヘッダーフィールドボディに分けられます。
幾つかのメールヘッダーは、複数の情報を保持します。このようなヘッダーフィールドを構造化ヘッダーフィールド(Structured Header Field)といいます。
例えば、Content-Typeヘッダーフィールドには、MIMEタイプと、メールに適用されている文字セットを指定することがほとんどです。
逆に、件名(Subject)などのヘッダーフィールドは構造化されていないヘッダーフィールドです。主に人間が見るための情報は構造化されていないヘッダーフィールドが使用されます。

ボディ部には、メールの本文が記録されます。日本語では、多くの場合iso-2022-jpという文字セットでエンコードされたバイト列で記録されますが、時にShift-JISなどのように8ビットの文字セットが使われる場合もありますが、この場合はBase64という方法でメール本文が7ビットになるように変換されることがほとんどです。
こうしたメールのボディに関する情報もすべてメールヘッダーに含まれていなければ、メーラーは正しくメールを解釈できないのです。

メールヘッダーとメールボディはNULL行(CR/LFのみの行)で区切られます。
実装時に注意すべき点として、ヘッダーが存在しないメールが時々あったり、逆にヘッダーのみのメールも存在し得るという点です。単純にNULL行を検索するだけでは、効した状況にうまく対処できないため実装時には特に注意する必要があるでしょう。


7ビット文字セットと8ビット文字セット


もともと、Eメールは英語だけで書かれていました。英数字と記号は128個のコードで表現することができたたため、7ビット(2の7乗)で十分表現できたのです。この文字セットを特別に(US-ASCII)と呼びます。
メール環境では、オクテットOctet)という8ビットのデータの集まりを1つの単位として扱いますが、US-ASCIIのような7ビット文字では8ビット目は使用しません。
ところが、日本語の文字セットは、16ビット(8ビット×2)で表現されることが多く、オクテット(8ビット)に分割したときに8ビット目も使ってしまいます。
このように当初のメール環境との互換性のために、実際は8ビットのままでも問題のないことがほとんどなのですが、今でもメールメッセージは7ビットで表現するのが一般的になっています。8ビットのデータを7ビットに変換するためには、たいていBase64という手法が用いられます。
2007/02/17 10:49:35更新
カテゴリ:メールのしくみ

"メールのしくみ"のほかの記事

メールメールとヘッダーフィ...
メール構造化メールヘッダー...
メールContent-Typeヘッダー...
メールContent-Typeヘッダー...
本サイトで公開されるライブラリには著作権があります。
VB.NET/C#/ASP.NETでメール送信・受信ならExwarp MailKit
©exWarp 2006-2013   All Rights Reserved.