http://exwarp.com
お問い合わせ先
info@exwarp.com
ホーム
製品情報ページへ
ショッピングカートへ
ライブラリ価格表ページへ
メンバー登録ページへ
特定商取引法に基づく表記
テクニカルブログへ

RFC822ライブラリ
MIMEライブラリ
メールメッセージライブラリ
MIMEメディアタイプ変換ライブラリ
POP3メール受信ライブラリ
SMTPメール送信ライブラリ

ログイン

現在の状態:

ログインしていません。

メールアドレスを入力してください
パスワードを入力してください.
メンバー登録はこちらから

更新履歴

2013/4/7

最近ExwarpMailKitをご購入いただいたお客様のご感想を掲載しました。 詳細は、導入事例をご覧下さい。

2009/3/2

Exwarp MailKit 1.0.438.* をリリースしました。
今回のリリースより、SmtpExtensionおよびEmojiModuleを同梱した新パッケージとなり、価格は¥25,000-と改定いたしました。
携帯デコメールや、大量メール送信の時間短縮などの魅力的な機能が標準で使えるパッケージとなっております。微細な仕様変更・バグ修正も行っており、より安定したメール送信を実現いたしました。
すでに製品版をお買い上げいただいたお客様は無料で新パッケージに移行していただけます。
購入時のURLとID/PASSでmailkit.zipをダウンロードしてください。

2008/10/4

ExwarpMailKit1.0.421.*公開のお知らせ
ExwarpMailKitがバージョンアップしました。
新しい機能として、バイナリデータ(2バイト限定)の挿入に対応しました。
同時にリリースされた絵文字拡張モジュールを使用するためにはこのバージョンへのバージョンアップが必要です。


exWarp Blog
サンプルコードの実行には、Exwarp MailKitが必要です。こちらから無料でダウンロードできます。
記事の一覧| 全表示
フィード RSS


Add to google

メール

Content-Typeヘッダーフィールド−2



Content-Typeヘッダーフィールドの値には、他にもimage/***audio/***などがあります。
画像や音声データがコンテンツの内容である場合に、これらの値がセットされます。
メールではほとんどの場合、添付ファイルにこれらのMIMEタイプのメッセージが追加されます。本文として現れることは恐らくないでしょう。

添付ファイルなどとして扱われる場合、Content-Typeヘッダーフィールドには、さらにnameというパラメータが追加されます。
これは保存するファイルの名前を表すパラメータです。
このファイル名が英数字である場合は何の問題もありませんが、ファイル名に日本語を使用するとメール実装の際にややこしい問題が発生します。
実は、RFC822/RFC2822は、ヘッダーフィールドパラメータにASCII文字以外の文字セットが使用されることを想定していません。
それで、多くのメーラではヘッダーフィールドと同じ、B/Qエンコードを使用してファイル名を7ビット化しています。
このRFCに書かれていない点が幾つかのメーラーでは問題になります。後にRFC2231という規定が登場したため、現在ではパラメータの非ASCII文字の7ビット化にはルールが存在しますが、
いまだにB/Qエンコーディングでファイル名を表現するメーラーがほとんどです。

このようにRFCの遵守にこだわると、読めないメールが出てきてしまいますので、実装時は柔軟に対応するべきでしょう。
2007/03/20 16:46:43更新
カテゴリ:メールのしくみ

"メールのしくみ"のほかの記事

メールこのブログでは、イン...
メールメールとヘッダーフィ...
メール構造化メールヘッダー...
メールContent-Typeヘッダー...
本サイトで公開されるライブラリには著作権があります。
VB.NET/C#/ASP.NETでメール送信・受信ならExwarp MailKit
©exWarp 2006-2013   All Rights Reserved.