http://exwarp.com
お問い合わせ先
info@exwarp.com
ホーム
製品情報ページへ
ショッピングカートへ
ライブラリ価格表ページへ
メンバー登録ページへ
特定商取引法に基づく表記
テクニカルブログへ

RFC822ライブラリ
MIMEライブラリ
メールメッセージライブラリ
MIMEメディアタイプ変換ライブラリ
POP3メール受信ライブラリ
SMTPメール送信ライブラリ

ログイン

現在の状態:

ログインしていません。

メールアドレスを入力してください
パスワードを入力してください.
メンバー登録はこちらから

更新履歴

2013/4/7

最近ExwarpMailKitをご購入いただいたお客様のご感想を掲載しました。 詳細は、導入事例をご覧下さい。

2009/3/2

Exwarp MailKit 1.0.438.* をリリースしました。
今回のリリースより、SmtpExtensionおよびEmojiModuleを同梱した新パッケージとなり、価格は¥25,000-と改定いたしました。
携帯デコメールや、大量メール送信の時間短縮などの魅力的な機能が標準で使えるパッケージとなっております。微細な仕様変更・バグ修正も行っており、より安定したメール送信を実現いたしました。
すでに製品版をお買い上げいただいたお客様は無料で新パッケージに移行していただけます。
購入時のURLとID/PASSでmailkit.zipをダウンロードしてください。

2008/10/4

ExwarpMailKit1.0.421.*公開のお知らせ
ExwarpMailKitがバージョンアップしました。
新しい機能として、バイナリデータ(2バイト限定)の挿入に対応しました。
同時にリリースされた絵文字拡張モジュールを使用するためにはこのバージョンへのバージョンアップが必要です。


exWarp Blog
サンプルコードの実行には、Exwarp MailKitが必要です。こちらから無料でダウンロードできます。
記事の一覧| 全表示
フィード RSS


Add to google

メール

構造化メールヘッダー



メールのヘッダーフィールドには複数の値を保持するものが多くあります。例えば、Content-TypeヘッダーフィールドはメールのMIMEタイプとメール本文の文字セットを指定することがほとんどです。Content-Dispositionヘッダーフィールドはメールに含まれる添付ファイルの情報を保持しますが、inline/attachmentの別と、添付ファイルのファイル名を表す情報も含められます。
このようなヘッダーフィールドを「構造化ヘッダーフィールド」Structured-HeaderFieldといいます。
主な値をヘッダーフィルボディの先頭に記述し、セミコロン(;)に続けて、追加情報を記述します。2つ以上の追加情報が含まれるヘッダーフィールドも多くあります。

メールの構造化ヘッダーフィールドは、パラメータ名=パラメータ値という形式で表現されます。Conten-Typeヘッダーフィールドの場合は、charset=iso-2022-jpなどと記述されている部分がこれに相当します。
これらパラメータ部分にUS-ASCII以外の文字セットが適用される場合、通常MIMEエンコードが使用されるのが一般的ですが、実はこのような実装はRFCに準じていません。このあたりが実装時に大変問題になります。
2007/03/02 18:15:58更新
カテゴリ:メールのしくみ

"メールのしくみ"のほかの記事

メールこのブログでは、イン...
メールメールとヘッダーフィ...
メールContent-Typeヘッダー...
メールContent-Typeヘッダー...
本サイトで公開されるライブラリには著作権があります。
VB.NET/C#/ASP.NETでメール送信・受信ならExwarp MailKit
©exWarp 2006-2013   All Rights Reserved.